蜂の巣退治やアリ駆除をする~ハウス守護のプロ~

虫のイラスト

すぐに依頼できる

アリ

住宅にはびこる白い悪魔といえば、シロアリ。アリ駆除を依頼する際、最近はネットで依頼すれば、すぐに業者がかけつけてくれますから、依頼をする時にもあまり手間はかかりません。

もっと知ろう

自宅が危ない

蜂の巣発見!!自分で退治してみる

蜂の巣退治はわざわざ業者に頼まなくても、準備と対策をしておけば自分でも処理できます。 準備するものとして、刺されないように安全な防護服と蜂用の殺虫剤、棒と虫取り網。殺虫剤は、多めに準備しておくようにします。 準備が済み、いざ退治しようとするときに、注意が必要なのが行う時間帯です。日がある内は、外に働きにいく蜂がいます。それらが戻ってくる夕方以降の時間帯を狙って処理すると、一網打尽にできます。やる際には最大限、自分の安全を確保して取り掛かりましょう。

蜂の巣を自分で退治。種類によっての対処方法

蜂の巣は人間の家にも、こっそりと巣を作っていることがあります。蜂に刺されると、体質によっては死亡してしまう危険性もあるので、安全に暮らすためには退治しておく方が良いです。巣の駆除は、役所に頼んで処理してもらうこともできますし、専門業者に代金を払って頼むことができます。しかし、一刻も早く退治したい場合には、自分で処理する方がおすすめです。 退治する際は種類によって準備してなくてはならない殺虫剤が違ってきますので、事前に情報を仕入れておきましょう。家に巣を作る蜂は、アシナガバチやミツバチが多いですが、この二種類の場合でも、ミツバチはアシナガバチよりも殺虫剤への耐性が強いので、通常のものより強めの殺虫剤を用意しておかなければなりません。 豆知識として、どの種類の蜂でも処理する時間帯は、働き蜂が戻る夕方以降が最適。退治するテクニックとしては、巣の出入り口をテープなので完全に塞ぎ逃げられないようにします。塞ぎきった後に、巣の横に小さな穴を開け殺虫剤を噴射すると効果的です。しかし、身の安全を守るためにはやはり専門業者に依頼する必要があり、蜂だけではなく鳩やアリ駆除を行なってくれるところもあるので利用しましょう。

危険な害虫

作業員

害虫の中でも危険性が高いことで知られているのが、蜂。蜂はベランダや自宅の中など、色んなシーンで発生することになるので安全な方法で駆除してくれるプロに依頼をするのがベストです。

もっと知ろう

どこにでも存在する

案内

全国に鳩は数多く存在しますが、鳩は一度住み着いてしまうととても厄介なものです。ベランダなどに糞をしたり、放置しておけば害虫も発生する危険性があるので駆除してもらう必要があります。

もっと知ろう